《不動産の売却》成年後見制度を利用したご両親の自宅売却。

いつも南大阪住販ブログにお越し頂き有難うございました。

以前にお取引頂いた方に、成年後見制度を利用された方のご自宅の売却をお手伝いさせて頂きました。

成年後見制度とは…、
成年後見制度(せいねんこうけんせいど)とは、広義にはその意思能力にある継続的な衰えが認められる場合に、その衰えを補い、その者を法律的に支援する(成年後見)ための制度をいう。
狭義には法定後見のみを指す。法定後見は民法の規定に従い、意思能力が十分でない者の行為能力を制限し(代理権の付与のみが行われている補助の場合を除く)、その者を保護するとともに取引の円滑を図る制度をいう。
最狭義には法定後見(後見、保佐、補助)の3類型のうち民法親族編第5章「後見」に規定される類型のみを指す。
(wiki参照)

簡単に言いますと、しっかりとした判断ができない方をサポートする制度ということになるのでしょうか。
未成年者も親御さんの後見という意味もあります。
法定後見人の制度を利用すると、裁判所から選ばれた後見人が不動産の売却等の契約行為や預金などの財産を管理する事になります。

今回のご相談者さんは、成年後見制度の中でも、成年後見人ということでした。

今回のお話の何年か前に、お一人でお住まいのお母様が、悪徳リフォーム屋から数百万の必要のない工事をされたことがあり、
その時に、息子さんがこの成年後見人制度を利用され、息子さんが成年後見人になられていました。

そのお母様も施設に入ることになられたようで、またその施設の費用も必要ということで、お母様のご自宅を売却したい。
とのご依頼でした。

不動産の売却には、本人さんの意思確認は絶対必要になります。
しかしながら、今回のご依頼は、そういった制度を利用されたご本人さんであり、意志を確認する事はできません。
ですので、成年後見人である息子さんが契約行為をする必要があります。

しかし、手続きを後見人さんに進めてもらうのですが、自宅売却となると意思確認だけでは足らないんです。
成年後見制度を利用された方の自宅の売却に関しては、裁判所の許可も必要となるのです。
そして、裁判所の許可なく行う契約行為は、『無効』となるんです。

今回のお話は、最初の面談で私が色々とヒアリングして経緯や物件の内容をお聞かせ頂きまして、売却についての査定や費用などのお話をさせて頂き、
2回目からのお話は、地元の司法書士の先生に同行してもらう様に段取りし、成年後見制度の手続きについてのお話しをさせてもらいました。

話を聞いていると、
自宅を売却してしまうということは、それだけのリスクがあることだと裁判所は判断するんでしょうね。
売却しなければならない事情を説明する書類などを作成し、売買契約書(案)や売買代金に正当性があるかどうか、
全て提出して許可が下りてからの契約となります(裁判所の許可のない契約は『無効』となりますので…)。

しかしながら、
営業マンとしては、なかなか厳しいハードルです。
気に行って頂いた方に、ちゃんと事情を説明させて頂いて、裁判所の許可が下りるまで待って頂かないといけませんし、
万一、許可が下りなければ、そもそものお話し自体が進めれないことになります。

これはハードルが高いなと思っていたのですが、幸いにしてすぐにお客様がご購入の意志を示して頂けたのと、ご近所の方でしたので、お母様もご存じ頂いているとのことで、スムーズにご理解頂き、許可が下りるのを待って頂くことができたので良かったです。
また、お待ち頂いている間に、契約書類の確認は全てして頂くことができたので、比較的ゆっくりとお話しできる時間ももらましたので良かったです。

こうした成年後見人制度を利用されるケースも多く、
成年後見人以外にも、保佐人・補助人と、それぞれ経験させて頂きました。
また、売却の為に、その制度を1から利用して頂いた事もございました。

高齢化社会を肌で感じます…。

いずれにせよ、司法書士さんには同行してもらい、お客様もご理解頂いた上で、売却のスタートから残金決済・引渡しと、お手続きさせて頂くことができました。
先生、いつも有難うございます。

不動産の売却には、専門家の知識が必要な時が必ずあります。
私の様な営業マンが知っていることは、ホント上辺だけだなと感じることが多々あります。

地元に精通した専門家たちとのパイプ役をさせて頂くのも、私の仕事だと感じますね。

不動産売却をお考えの売主様、
『売却が得意』な南大阪住販まで、
お問合せ下さい。

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・

地元泉大津で皆様のご支援賜り30年以上! 『オオツ』の不動産の事なら!

◇南大阪住販◇℡0725-22-0077お問い合わせフォーム

〒595-0013 泉大津市宮町10番12号  ◎条南小学校北西角(駐車場ございます。)

地元だからできる安心で人生一度の不動産売買をわかりやすく!☆自己紹介

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・

≪物件の検索≫はコチラからどうぞ

「売却」時のチェック

「購入」時のチェック

不動産の売却・購入の前にご確認を!

「南大阪住販ってどんな会社??」→→お取引頂いたお客様からの声はコチラからどうぞ。

南 武志 の紹介

●生まれも育ちも泉大津市。泉大津市在住。(ひまわり大作戦→ひつじのゆめ広場プロジェクト→おづみんなのプロジェクトと、地元泉大津市の活性化のお手伝いを微力ながら奮闘中)●上宮高校卒業、関西大学第二部中退(天六学舎最終年度)。関西大学第一部卒業(商学部)。●大学時代に少林寺拳法部に所属し参段を取得。(現在はOB会千竜会幹事として大学生の指導とOB会運営委員を担当)大道塾空道岸和田支部所属。●ハウスメーカーにて3年間勤務し建築の基礎を学ぶ(プレハブ住宅コーディネーター取得)。●大手不動産仲介会社で9年間勤務し不動産仲介業全般を学ぶ。(新人営業マンのトレーナーとしても6年間担当)●『地元泉大津市で創業30年以上の「オオツ」を良く知る山登りが趣味な社長とともに、10年弱大手不動産会社で学んできたノウハウをフル稼働させて、お客様にわかりやすく安心してお取引き頂ける地元の不動産屋を目指しております。』 得意分野:不動産売買・買取・仲介。 宅地建物取引士。 住宅金融普及協会住宅ローンアドバイザー。 不動産キャリアパーソン。 京都検定3級。
カテゴリー: 《不動産の売却》, 《不動産売却~前準備~》   パーマリンク

–>