《不動産の売却》泉大津市でも路線価’13が発表されました。(前年比有)

いつも南大阪住販ブログにお越し頂き有難うございます。

毎年7月1日は路線価が新聞などで発表されます。(昨年のお話はコチラからどうぞ)

路線価とは…

『路線価とは、相続税や贈与税の算定基礎となる1月1日現在の価格で、公示地価の8割程度が目安とされています。なお、公示地価や基準地価格は選ばれたポイントだけの価格であるのに対し、(都心部では)路線価は原則としてすべての公道(行き止まり道路を除く)に付される為、より詳細な価格を判断する事が可能です。また、借地権の割合も設定されております。』

ホントに地価の底打ち感が出てきた??

新聞の見出しは『底打ち感が出てきた。』みたいな内容でしたね。

アベノミクスのおかげでしょうか?アベノミクスの実感はまだ地方都市には感じませんので、はたまた、税金をしっかり取りたい為の前振りなんでしょうか?

具体的に地元泉大津で見てみると…

何にしても、毎年の事ですが、泉大津で言うとアルザ通りがメインストリートになりますから、具体的に見てみましょう。

=アルザ通り(テクスピアの前辺り)=

平成24年度 ¥105,000円/㎡ → 平成25年度 ¥105,000円/㎡

(変わらずでしたね・・・。ちなみに平成22・23年度も¥105,000円でした。)

=アルザ通り(キリン堂の前辺り)=

平成24年度 ¥93,000円/㎡ → 平成25年度 ¥93,000円/㎡

(ちなみに、平成23年は¥94,000円、平成22年は¥95,000円でしたので、下げ止まったということでしょうか。)

横ばい ≒ 底打ち??

今までの流れから考えると、売れる場所は価格は下がらずで、売れにくい郊外等は下がり続けているという感じでしたが、今回の発表からで言うと、主要部分だけでなく周辺地域も下げ止まったという事でしょうね。

それと、多分、価格について下がりようがない所まで下がってきてるのかもしれません。

この泉大津でもバブル期には坪100万円や坪180万円で取引されたことがあるという話を聞いた事があります。

そこから比べると本当に今は買いやすい時代になりましたけど、売主さんにとっては厳しい時代になりました。

しかし、路線価ではこのアルザ通りも坪35万円位の評価しか出てませんけど、実際の流通性の希少性から考えるとアルザ通りで30坪位の土地が出てくれば倍以上の価格で取引されてもおかしくはありません。

それだけ路線価という物は、目安でしかないという事ですね。

改めて、しっかり査定という物が必要だなと感じました。

不動産のことは南大阪住販までどうぞ。

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・

地元泉大津で皆様のご支援賜り30年以上! 『オオツ』の不動産の事なら!

◇南大阪住販◇℡0725-22-0077お問い合わせフォーム

〒595-0013 泉大津市宮町10番12号  ◎条南小学校北西角(駐車場ございます。)

地元だからできる安心で人生一度の不動産売買をわかりやすく!☆自己紹介

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・

≪物件の検索≫はコチラからどうぞ

「売却」時のチェック

「購入」時のチェック

不動産の売却・購入の前にご確認を!

「南大阪住販ってどんな会社??」→→お取引頂いたお客様からの声はコチラからどうぞ。

南 武志 の紹介

●生まれも育ちも泉大津市。泉大津市在住。(ひまわり大作戦→ひつじのゆめ広場プロジェクト→おづみんなのプロジェクトと、地元泉大津市の活性化のお手伝いを微力ながら奮闘中)●上宮高校卒業、関西大学第二部中退(天六学舎最終年度)。関西大学第一部卒業(商学部)。●大学時代に少林寺拳法部に所属し参段を取得。(現在はOB会千竜会幹事として大学生の指導とOB会運営委員を担当)大道塾空道岸和田支部所属。●ハウスメーカーにて3年間勤務し建築の基礎を学ぶ(プレハブ住宅コーディネーター取得)。●大手不動産仲介会社で9年間勤務し不動産仲介業全般を学ぶ。(新人営業マンのトレーナーとしても6年間担当)●『地元泉大津市で創業30年以上の「オオツ」を良く知る山登りが趣味な社長とともに、10年弱大手不動産会社で学んできたノウハウをフル稼働させて、お客様にわかりやすく安心してお取引き頂ける地元の不動産屋を目指しております。』 得意分野:不動産売買・買取・仲介。 宅地建物取引士。 住宅金融普及協会住宅ローンアドバイザー。 不動産キャリアパーソン。 京都検定3級。
カテゴリー: 《不動産の売却》, 《不動産の購入》   パーマリンク

–>