《不動産の売却》最近多いケース。ご両親を近くに引き取られるケース。

いつも南大阪住販ブログにお越し頂き有難うございます。

以前にお取引いただいた売主様のケースが最近多いケースでしたのでご紹介いたします。

■ご相談内容
お父様がお一人でお住まいされている物件でした。
ご依頼主様は、他府県でお住まいの息子様からメールにてご相談。

お父様お一人でお住まいで、高齢になってきたため、息子様の近くで住んでもらうとのことで、次の引っ越し先も決めて頂いており、売却した資金を引っ越し先の資金に充当したいとの内容でした。
また、次の住まいは引っ越しの時期も決まっておりましたので、先に引っ越しして空家にして売却していきたいとのことでした。

■息子様の帰省に合わせてご面談と訪問査定。
ちょうど、年末年始の時期ということもありまして、ご相談頂いた息子様が帰省されるとのことでしたので、
そのタイミングに合わせてご挨拶させて頂くアポイントを頂きました。

■弊社以外にも複数お問い合わせ。
最近はメールでのお問い合わせも簡単にできますので、息子様も弊社以外にもお問い合わせ頂いていた様で、
そのタイミングで複数社が来られるということを前もってお伺いしておりました。

■訪問査定
訪問査定にお伺いするまでに、事前に外からは物件を見させて頂いておりましたし、不安となることを質問できるようにあらかじめ準備しておりました。

実際の訪問査定の際には、物件の状況を確認させて頂くのはもちろんですが、今後の流れや諸費用、税金などのお話もさせて頂き、改めて査定書をお送りさせて頂いてご検討頂くことで、その日は終了しました。

■査定書送付後から媒介契約締結まで
息子様のところに査定書をお送りさせて頂きまして、価格はどの会社も同じくらいだったとのことでしたが、売却の依頼は「南さんならちゃんと売ってくれそう」とのお言葉を頂きまして、弊社専任で媒介契約を頂けることとなりました。

■お引越しまでの準備
①処分屋さんのご紹介
お引越しする際には、荷物の整理が必要となります。
ご年配の方は結構荷物が多いですから。
引っ越し先はマンションになりますので、今のところよりも狭くなります。
まず、処分屋さんをご紹介させて頂いて、荷物の整理をして頂くことからスタートさせて頂きました。

②司法書士さんのご紹介
また、お父様がお引越しされてしまうと、ご高齢の為、何度もこちらにお越し頂くことは難しくなるとのお話もありましたので、
事前に司法書士さんをご紹介させて頂いて、面談による本人確認と、売却の意思確認、売り渡しに関する書類の作成などをさせて頂くことにしました。

③必要書類の取得

印鑑証明や住民票などの売り渡しに伴う書類を事前に取得してもらいまして、こちらでできることは全て終わらせてお引越し頂くことにしました。
※印鑑証明・住民票は、期限が3か月となっておりますので、それ以降での売却は、お引越し先で改めて取得して頂くことになります。

■お引越し
お引越しの際には、立ち会わせて頂きまして、全ての鍵をお預かりさせて頂きました。
こちらでできることは全て終わらせて頂き、お引越し頂きました。

■契約調印は郵送にて
販売活動をしていく中で、良いお客様とのご縁を頂けまして、無事にご契約ということになりました。
契約書類へのサインは、郵送でお送りさせて頂いて、お父様のご署名・捺印を頂いてご返送いただきました。
ご署名頂く際には、お電話にて契約書類の説明と売却の意思確認も取らせて頂きました。

■残金決済から引き渡し
買主様のローンがOKとなり、残金決済の準備の段では、決済当日の固定資産税やお金の流れをご説明し、
当日は、私が代理人として立ち会わせて頂きまして、残金のお振込手続き。
司法書士さんからもお父様にご連絡を頂いて、売却の意思確認を改めて取って頂き、無事にお引渡しさせて頂くことができました。

■まとめ
今回のケースは、お一人でお住まいのお父様が、遠方でお住まいの息子様宅へお引越しされるという事案。
お引越しされてしまうと、何度となくお越し頂くことが困難でしたので、お引越しまでにできることは全て準備させて頂いて、
無事にお引渡しさせて頂くことができました。

最近は、息子様や娘様の近くで住む「近居」が多いケースです。
お近くでしたら、ご足労頂くことも可能ですが、他府県となれば、なかなか難しく、ましてご高齢となるとより難しいと思います。
息子様も弊社を信頼頂けまして、全て委ねて頂けましたので、スムーズにお取り引きできたと思います。

最近では、メールにしろラインにしろ、お客様とのやり取りも多くなってまいりました。
都度、ご連絡させて頂いて状況報告できるのは本当に便利なツールだと思います。

他府県の方には、そういった便利なツールも使いながら、密にやり取りをさせて頂ければと思います。

今回のケースは、前回の「ご実家時売却の注意点」もそうですが、
最近多いケースでしたので、ご紹介させて頂きました。

↓↓前回のお話はコチラからどうぞ↓↓
最近多いケース。ご実家売却時の注意点。

不動産の売却は、南大阪住販までお申し付けください。

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・

地元泉大津で皆様のご支援賜り30年以上! 『オオツ』の不動産の事なら!

◇南大阪住販◇℡0725-22-0077お問い合わせフォーム

〒595-0013 泉大津市宮町10番12号  ◎条南小学校北西角(駐車場ございます。)

地元だからできる安心で人生一度の不動産売買をわかりやすく!☆自己紹介

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・

≪物件の検索≫はコチラからどうぞ

「売却」時のチェック

「購入」時のチェック

不動産の売却・購入の前にご確認を!

「南大阪住販ってどんな会社??」→→お取引頂いたお客様からの声はコチラからどうぞ。

南 武志 の紹介

●生まれも育ちも泉大津市。泉大津市在住。(ひまわり大作戦→ひつじのゆめ広場プロジェクト→おづみんなのプロジェクトと、地元泉大津市の活性化のお手伝いを微力ながら奮闘中)●上宮高校卒業、関西大学第二部中退(天六学舎最終年度)。関西大学第一部卒業(商学部)。●大学時代に少林寺拳法部に所属し参段を取得。(現在はOB会千竜会幹事として大学生の指導とOB会運営委員を担当)大道塾空道岸和田支部所属。●ハウスメーカーにて3年間勤務し建築の基礎を学ぶ(プレハブ住宅コーディネーター取得)。●大手不動産仲介会社で9年間勤務し不動産仲介業全般を学ぶ。(新人営業マンのトレーナーとしても6年間担当)●『地元泉大津市で創業30年以上の「オオツ」を良く知る山登りが趣味な社長とともに、10年弱大手不動産会社で学んできたノウハウをフル稼働させて、お客様にわかりやすく安心してお取引き頂ける地元の不動産屋を目指しております。』 得意分野:不動産売買・買取・仲介。 宅地建物取引士。 住宅金融普及協会住宅ローンアドバイザー。 不動産キャリアパーソン。 京都検定3級。
カテゴリー: 《不動産の売却》, 《不動産売却~前準備~》   パーマリンク

–>