住宅エコポイント復活

住宅エコポイントが1月25日~復活されました。前回と違う内容がありますので下記内容にまとめてみました。ご参考までに。

前回は、省エネ基準のエコ住宅を新築したり、窓・壁・床などに断熱改修工事を行った場合、基準に沿った工事や製品にエコポイントがはこうされ1ポイントあたり1円相当の商品などに交換できた。また、ポイントの使い方も大手スーパーのギフト券など幅広い商品等交換できた。

今回の大きな特徴は、耐震改修工事にもポイントが発行される事で、エコ住宅の新築(15万(被災地は30万))や断熱改修工事、バリアフリー省エネ設備の設置(合算で30万ポイントが上限)に加え、耐震改修工事は15万でこれをあわせた45万ポイントになるが断熱改修工事とどうじに行う事が条件となる。

耐震改修工事をすれば、固定資産税の軽減を受けれる自治体もあったと思いますが、エコポイントの方が利用しやすいと思います。

また、耐震改修工事については、1981年5月(昭和56年5月)以前に着工され、現行の耐震基準に満たされない建物に限定され、申請にはいわゆる耐震適合証明が必要になる。

(昭和56年5月というのは、建築基準法が改正された時で新耐震に適合しているかどうかの判断になります。)

今回の良い所は、耐震改修工事が入ったという事だけでなく、ポイントの使い方が被災地の物産や製品、被災地の商業団体などが発行する商品券、震災への義援金という復興支援が中心となるとの事。

単に制度を設けてポイントで還元するという事ではなく、、改修する事で少しでも復興に役立つようにという内容が一番良いなと思いました。

(ポイント募集金額になると打ち切られるようですのでご注意下さい。)

住宅エコポイント http://jutaku.eco-points.jp/

(泉大津市ホームページより)

南 武志 の紹介

●生まれも育ちも泉大津市。泉大津市在住。(地元泉大津市の活性化のお手伝いを微力ながら奮闘中)●上宮高校卒業、関西大学卒業(商学部)。●大学時代に少林寺拳法部に所属し参段を取得。(現在はOB会千竜会幹事として大学生の指導とOB会運営委員を担当)●ハウスメーカーにて3年間勤務し建築の基礎を学ぶ(プレハブ住宅コーディネーター取得)。●大手不動産仲介会社で9年間勤務し不動産仲介業全般を学ぶ。(新人営業マンのトレーナーとしても6年間担当)●『地元泉大津市で創業30年以上の「オオツ」を良く知る山登りが趣味な社長とともに、10年弱大手不動産会社で学んできたノウハウをフル稼働させて、お客様にわかりやすく安心してお取引き頂ける地元の不動産屋を目指しております。』 宅地建物取引士。 住宅金融普及協会住宅ローンアドバイザー。 趣味は空手(空道)。
カテゴリー: 不動産営業マンのあれこれ?!   パーマリンク

–>